一応書いたほうが良いのかなと思い、ここにアリスメイドの対応を記載しておきます。
関係ない方は読まなくて大丈夫ですw
近頃、海賊版サイトも悪質性を増し、またそれに伴い、サークル側も何かしらの対応を取らざるを得なくなりました。
一応うちとしては以下の内容を、違法行為者に送付しています

9765874d.jpg





基本的には警告を行い、そこで止めていますが、自分も人間です。
何かふとしたきっかけで、警察署にて被害届けを出すことも、全くの0ではありません。(そう言いつつ、この文を書いた数ヵ月後に、結局警察署に届出を出しました)
やはりそれは、長い年月をかけて作った作品に対し、悔しいという気持ちがあるからです。

当サークルがここで告知を行ったのは、できれば争い事をしたくないからです。
既にそういうサイトに手を出してしまった人は、1つでも良いのでアリスメイドの作品を買ってください。
著作権というのは親告罪の面が強く、罪状は心情的な問題でもあるのです。

と、ここからが本題ですが、結局、違法サイトは捕まるの? 捕まらないの?
という事は、誰しもが多少なりとも興味あることだと思うんです。

結論から言うと捕まります。
基準は何か? 容量か? ジャンルか?
全くの他業種の知り合いから聞かれるのですが、はっきり言います。
容量も、ジャンルも関係ないです。

となると何を基準に捕まるの?となるのですが、これは簡単に言うと、点数です。
点数とは違法行為を行った回数ではありません。
違法行為を警察に申告された回数です。

つまり沢山のデータ(映画や音楽、商業ゲーム、大手同人)を違法行為で取得したからと言って、著作権元が誰1人、警察に申告しないとなれば、その人は0点となります。理不尽ですが・・・

逆に僅かなデータしか違法行為で取得していないとしても、著作権元が警察に通報を入れていれば1点が入ります。

そしてこの点数性の怖い所は、今自分が何点入ってるかわからない所です

泳がせると言えば聞こえが悪いですが、人によってはもう点数が限界近くまで入っているのに、そうとは知らず違法行為を続けてしまっている人も中にはいます。
こればっかりは、あなたの点数はもうリーチかかってるよなんて、サイトの運営者もプロバイダーも、そしてアップロード者も、誰1人今の点数を教えてくれません。
違法サイトなんて、いざと言う時は守ってくれない。味方でも、なんでもないわけですよ。

そう簡単に入る点数ではないですが、ただ、アリスメイドのゲームを違法行為で入手してると1点入ってる可能性が高いです。

ここでアリスメイドのゲームは一つでもいいから買ってねという話が生きてくるわけです
ためになる話かわかりませんが、違法行為の捕まる基準は容量でもジャンルでも、まして大手中小といった規模でもありません。
点数が入る危険性の作家の物に、いくつ手を出してしまっているか、という事が全てなのです。